幼稚園の子どもが通う書道教室のメリット

>

先生との師弟関係を学ぶ

様々な角度から

字がうまくなるために先生の手本を見たり、実際の筆の動きを見て真似ることから正しく字が書けるコツを学びます。
ずっと字を書いている間に、コツを得て美しい字が書道で書けるようになる習い事です。
少し落ち着きを持たせたいタイプの子どもに集中力がつくようにと小学校1年生から書道を始めても、6年生になれば整った字が書け、早く書いても字が崩れることはありません。
書道の基本がわかり、漢字のへんとつくりやかんむりのバランス、文字の形等、手本がなくても感覚でバランスの整った字が書けます。
全体の文章の、バランスのとれた文字を考えて書くことが可能に。
筆順にも気をつける習慣ができていて、様々な文にも興味を持って触れる機会が増え、国語の深い勉強にもなります。

いつも友だちと一緒に

先生の使う筆の先の朱色の含み方や筆の使い方を神経を集中させて一途に見るような、人の技術を見て学ぶ良い訓練です。
書道を続けるにつれ、書道で字を書くことが好きになることは多い。
継続して一つのことに秀でる喜びも自信もライフワークの中には必要です。
勤勉で努力家になることも、子どもの頃の経験からの、喜びによる報酬からかも。
正しい姿勢で書道をする習慣から、自然に身につく所作にもつながります。
美しい字を書くことと美しい姿勢は同じことです。
正座もできるようになる子どももいます。
書道教室で、全体のバランスを取ることもできるようになります。
小学校に上がる前から書道を始める人は多いかもしれません。
書道は就職にも特技となることもあるでしょう。